読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MOをやる気がおきない。

MOをやる気がおきない。Magic Onlineのことだ。やる気がおきないのは寒くて何もする気がおきないからだが、それ以外にも急激に進んだ円安のせいでチケットが高騰しているという事情がある。僕は快調な養分なのでチケット長者にはなれないのである。先々月もバリバリと課金してリミテッドを遊んでいたのだが、あとからクレジットカードの明細を見たら何か円安になってからのレートで決済されていて1ドル120円くらいつけていた。俺が遊んでいた頃は確か108円だったはずだぞ。手数料を入れても120円にはならないはずだ。おい!何なんだ!


実はプレリリースにもいったりして結構初期は遊んでいたのだが、プロツアー「タルキール覇王譚」以降、リアルにカードを触ったり、構築を遊ぶ機会が激減した。世界選手権は固唾を呑んで見守っていたが、日本勢2名のサンデー進出はたいへんめでたい。それだけに1没の際の苦しい表情が胸を突いた。本当におつかれさまでした。気づいたらメタもすっかり回転し、知らない……というわけではないが、触ったことのないTier1が結構出ていた。アブザンミッドレンジとジェスカイウィンズの二強かとおもいきや、ティムールも赤単も結果を出し、他にも青白や青黒、青緑星座、それからシディシウィップやジェスカイトークンといった素晴らしいデッキが生まれ、メタは百花繚乱の様相である。ジェスカイコンボもあった。

僕の最後の記憶は、適当に作ったまさかの白単で緑単信心にボロボロにされたことだけである。「見えざるものの視認」から飛び出す蜂と巨人の暴虐に、うちのロック鳥はなんも為す術がなかった。緑単信心の強さは実はM15段階から分かっていたのだが、案外新環境ではこれそのものは活躍できず、ただ星座要素の強調や蜂というボムの強さが発見されたことで様々なデッキに移植されたことがその後の後見のようである。

そろそろ俺も構築で遊びたいのだが、やりたいといっていたKTKリミテッドも以前できず、しょぼしょぼとパックウォーズでブースターを消費していくだけの人生とそろそろおさらばしたいのだが、「運命再編」の発売日が迫ってきていて、いや、どうしたものか。誰か遊ぼう。